新コンテンツ

 鰻屋本舗を自分で見てると色々手直しをしたいところがありますが、めんどくさくてついつい新しい企画を考えてしまうもんです。色々コンテンツがあるほうがそれなりに見えそう、という安易な発想からですが。

 今一番やってみたいのは小中学生向け企画だったりします。小学生が自分で鰻屋本舗を見てくれることはほとんど無いと思うので、鰻屋本舗を見てくれたおとーさんが子供と鰻屋本舗を見て楽しんでもらえるような。うむ、良い風景だ……とはいえ難しい。考え始めたばかりですが結構挫折しそうです。

 で、色々考えてたら横道にそれてそれまくってクイズコンテンツは無難にできるかなと。メールフォームからクイズ募集して集めてじゃばすくりぷととか言うやつで採点させて……。無いよりマシ精神で今度やってみます。これ見た方は藤井先生に関するクイズを考えておいてください(笑)

 藤井先生ご本人が絡んだ企画をもっと考えなきゃいけないとは思ってるんですが、こちらもなかなか。この話になると「第1回インタビューまだー?」と言われちゃいますが、藤井先生とメールするたびに「それっきりになってて済みません」と言われるので忘れてるわけではないんです(笑)

藤井先生「質問がまとまって来るとなかなか無精をしてしまうので(連盟の年鑑のアンケートも出さないことが多いくらいなので)」

とのことなので待つしかないですね。いつまでもお待ちしています。現在、プチインタビューじゃないですが他に藤井先生が絡んだ超簡単な企画計画を実行中ですので期待せずにお待ちください。

コメント

  1. 『藤井先生ご本人が絡んだ企画』もワクワク
    なのですが、この『鰻屋本舗』をご覧
    頂いているのでしょうか???
    (特に「棋譜画像アップ掲示板」。)
    「自慢」の意味合いが濃いですが(笑)、
    本当は藤井先生にこそ、見て頂きたい。
    平成18年の夏、藤井先生に平手で
    (しかも私の「四間飛車」で、ww)ご指導
    (先生は私の▲6八飛に「ぷっ」とふき、
     終始ニコニコ顔で・・・
     将棋はフルボッコにされましたが・・・)
    頂いた『あのオッサン』は今、かなり将棋に
    熱くなっています・・・と。

    返信削除
  2. どもども。「パソコンもそんなに見る方ではない」(藤井先生)らしいので頻度はともかく見てもらってるものと思ってます。ということでどんどんメッセージ書き込んでください(笑)
    藤井先生ご本人企画を増やすことで藤井先生からサイトへの興味を増やすと言う狙いもあります。
    いつか掲示板にも書き込みして頂きたいですね。

    返信削除

コメントを投稿