あくまでも鰻屋

へっぽこ名人さんから鰻屋本舗の掲示板に「朝日新聞の将棋欄に、何と鰻屋本舗の文字が!!」という情報を頂いたので、連載が終わった19日に読みに行ってきました。順位戦の藤井-森内戦です。

「鰻屋本舗」の登場は第1譜。悪く書かれてないかドキドキでしたがそんなことありませんでした。剣記者ありがとうございます。しいのみさんのところに来たような取材が無くてホッとしています。

ちょっと正確な表現は覚えていませんが、この中で現在の藤井九段の状況について「鰻屋の看板(振り飛車)を掲げながら番傘の内職(矢倉)を始めたが、その傘は太くしっかりしている。」みたいなことが書いてありましたが、これは実に正確な表現だと思いました。

どうも振り飛車を捨てたと見ている人が多いんですよね。さらに始めた矢倉も急造矢倉みたいに見る人もいるようです。しかしそんなことは無く、まさに上の表現の通り振り飛車も捨てていませんし、矢倉も非常に本格的です。ということで「鰻屋本舗」も当面改名することはありません。新聞の将棋欄と言う場所でこういうことを書いてくださったのは一藤井ファンとしても嬉しいです。本当にありがとうございました。

コメント

  1. ご存知かと思いますが、剣記者=小暮さんなんですよね。
    小暮さんの表現は味わいがあって素敵です☆

    新聞の観戦記というネット以外の媒体で応援HPの紹介をしてもらえると、ちょっと広い世界にはばたくことが出来たような気がして、嬉しいですね。

    返信削除
  2. しいのみさんこんばんは~。
    本当に嬉しいですね。まさにしいのみさんが仰られたとおりです。同時に、より責任持って管理していかなければと緊張もします(^^;

    返信削除

コメントを投稿