あの端攻めは思いつかない



ぎょしゃ座をがっつり横切る火球を期待したものの、写ったオリオン座流星群3つ全部ぎょしゃ座の手前で収束してしまったでござるな写真。

世界天文年のお陰か、21日はオリオン座流星群の極大日というのがよくニュースになっていました。しかし21日は藤井先生の対局日。何も絶対パソコンの前で対局中継を見ながら応援しないといけない、という訳ではないのですが、オリオン座流星群を見に行くかどうか迷っていました。ところが運良く体調を崩したので流れ星ではなく、中継を見ながら勝利を祈ることになりました。

しかし実際は流星群極大予報時刻(23時)前に投了。さすがにショックでその後は流星どころではありませんでした。呆然としてて中継の応援掲示板に書くのを忘れてしまいましたが、烏さん今回も中継ありがとうございました。

今回は「早い投了」についてあちこちで話題になっていますね。それでも藤井先生への温かいメッセージもあったりして、さすが藤井ファンは良い人ばかりです。

私の場合は「早い投了」にではなく、単純に負けたことがショックでした。早くに劣勢を意識し、その後数時間も挽回するために苦悩していた訳です。決して諦めたり無気力だったわけではない。ところが丸山九段の端攻めからの歩使いが巧妙で、さらに劣勢になってしまった。投了を告げるときの辛さは、きっと私の想像をはるかに超えるものだったと思います。今回の対局については、丸山九段の見事な手順ついて言及されてるブログが少ないのが不思議です。

鰻屋本舗は藤井先生を応援しています。


ということで今日からショッキングな気持ちは入れ替えて!楽しい週末です☆

少し前にしいのみさんから頂いた質問を藤井先生に送っているので、近々ミニインタビューが1年半ぶりに更新されるかもしれません。こちらもお楽しみに☆

コメント