棋譜探し



苔寺も一旦最後です。雨の苔寺は堪能したので次は晴れの日、あと苔が元気な梅雨の時期に行ってみたいものです。


掲示板に寄せてくださった質問から棋譜探しをしてました。思いのほか時間がかかるので途中から「実際本を見ながら並べるのが一番ではないか」とか思い始めましたが、多分それが正解だと思います。レベルにもよると思いますが、少なくとも私くらいの棋力(24で2級くらい)までは棋譜並べでは解説無しより解説つきの棋譜を並べるのがずっと棋力が上がりそうなものです。

結局全部探してみたのですが、日付や対局者名などを提示するだけで棋譜を提示できないのがちょっともどかしかったりします。最近渡辺明ブログ
日本将棋連盟では「棋士がブログ等で図面掲載する場合は、1局1図程度にする」ということになった
- 王位戦予選3回戦、近藤六段戦。
という記述があり、スポンサーへの配慮を考えないといけないことが分かります。

棋士のブログでは1局1図程度と(ようやく)基準が決まりましたが、ファンのサイトでは「載せないように以前からお願いしている」と私は聞いているので棋譜や図面の掲載はもちろん、掲載しているサイトへのリンクへもなるべくしないようにしています。お願いしているとは言ってもそんなこと日本将棋連盟のHPのどこにも書いてないじゃないか、とは私も前は思っていましたが、スポンサーによって棋譜の扱い方が異なるので一意的に連盟が決められないということと推測しています。「載せないように」というのは単にスポンサーに配慮してくださいということと理解しています。

理解はしているのですが、最初のもどかしさもあって当然不満な訳です。何より表に出てこない棋譜があるのが許せない。棋譜を自由に扱えるようにしろ!とは言いませんが、今の「棋譜でーたべーす」さんのサイトのようにデータベースサイトを作って、そこにリンクを貼れるくらいにはなってほしいものです。

というかお金払いますので利用させてください。全ての棋戦の棋譜を一元的に扱って各使用者に有料で提供するような場所があってもいいのではないか。なんだかJASRAC的な臭いがします。てっとり早くこれを実現できるのは日本将棋連盟だと思うのですが、内部事情なんて全然知らないので見当違いなこと言うなとか怒られそうです。とにかく棋譜には商品価値があると思いますので、良い商売をして欲しいものです。

ちなみに妄想は膨らみ、データベースサイトを一躍有名になったニコニコ動画に当てはめてみます。

1)動画再生、というより棋譜再生は自分のタイミングで一手一手再生することが多いのでコメントは流れずにコメント欄にコメントが増えるだけ。Kifu for Flashなどには下にコメント欄が表示されますがニコニコ動画のように右にコメント欄があり一手一手コメントが異なります。
2)ランキングでどの棋譜が人気あるか一目瞭然です。古い棋譜は陽が当たりにくいので年別ランキングも作ります。
3)コメントは誰でも閲覧、書き込みできますが、プレミアム会員になるとプロ棋士による解説コメントをみることができます。上に書いたように多くの人にとって解説つき棋譜というのは重要です。
4)生放送システムでは棋戦中継をプロ棋士の解説つきで動画で行います。プレミアム会員になると生放送システムへの席も優先されます。弾き出された一般会員は控え室の様子の動画に回されます。棋譜は従来の観戦記者さんによる棋譜中継方式で確認します。

……どうやって儲けるのこれ。というか一体誰が膨大な量の棋譜にコメントを書くのか。

ニコニコ動画の広告システムは、最初誰がお金を払うのかと思っていましたが、今や某乙女が大志を抱く動画なんかは100万円とかお布施されて傍目から見ると一応成功しているように思えます。よく考えるものです。

ちなみにそんな本気の記事では無いのでところどころに「(笑)」を入れてください。

コメント