藤井銀河Tシャツが届くまで




 ――爆弾は突然に。



 5月10日、塚田恵梨花女流2級が無邪気にツイート。


 突然の爆風に吹っ飛ぶ藤井ファン(※注1)



 この破壊力。まるで藤井システムのようである。息も絶え絶え、のたうち回っていると仏の声が聞こえた。



 将棋ペンクラブログさんは仏のような方で、そばにいると間違いなく時間の流れが緩やかになる。将棋ペンクラブログさんが私によくしてくださる愚痴は「藤井九段記事の更新がTwitterに流れてもあまり反応がないのに、涓滴さんがRTすると途端にRTや『いいね』が増える」というもの(※注2)で、もはや鉄板ネタのようになっている。

 そんな将棋ペンクラブログさんが「バトルロイヤル風間さんが何枚か持っていると思いますよ」と仰る。

 なるほど、あのTシャツデザインはバトルロイヤル風間さんのもの。察しが良い(※注3)私は5月21日に開催される関東ペンクラブ交流会に参加するべきだと気づく。バトルロイヤル風間さんに直接お願いをするのだ。ペンクラブ交流会はふらっと立ち寄れるようなお気楽な会であるが、珍しく事前に行く旨を伝えると、またお言葉をいただいた。



 試練と聞いて亀戸の会(※注4)を思い出した。この会では、敬愛するLさんが壇上に連れて行かれ、バトルロイヤル風間さんの「芸」の一部になった。Lさんには申し訳ないと思いつつもひたすら笑った。まさか私も交流会で?いやいやみんな好き好きに呑んだくれる交流会でそんなことはないはず。いやしかし仏が与える試練とは一体……。

 関東ペンクラブ交流会当日。試練に怯え、寝不足の私に明かされた試練はとてもハードルが低い(※注5)ものだった。

 「バトルロイヤル風間さんのブロマガ『オレたち将棋ん族ZOKU』に入会すること」

 入会しました。
入会エビデンス

 藤井聡太四段の活躍の影響で、『オレたち将棋ん族ZOKU』には最近藤井九段が登場している。しかもシリーズもの。

シリーズ3作目となる「ばったり」
 
 ところが、シリーズ1作目を見ようとしたら見ることができなかった。どうやら古くなった過去記事は閲覧できないらしい。
読めない過去記事

 購入しました。
無事読めるようになったシリーズ1作目「藤井と藤井」


 そうして記事を楽しんでいると、後日、バトルロイヤル風間さんご本人から(!)、藤井銀河Tシャツを送っていただいた。
前。うなぎ屋のうなぎなのだ!

後ろ。藤井猛 24th GALAXY!

塚田恵梨花女流2級を目指して人生初の自撮り。
塚田恵梨花女流2級になれなかった様子(※注6)

 バトルロイヤル風間さん、将棋ペンクラブログさん、ありがとうございました。当日描いていただいた似顔絵とともに、家宝にします。

 また、送っていただいた日、『オレたち将棋ん族ZOKU』で「サプライズマンガ [将棋ペンクラブ関東交流会]」がアップされ、私を掲載していただいた。まさかのサプライズ重ねでまんまと騙されてしまった。こちらもまた家宝である。

 鰻屋本舗を始めて11年弱、「応援サイト管理人はただのファンの一人で、何かしらの特権があってはならない」と、サイト開設当初から今でも、ずっと思っている。そうして「藤井将棋好き好き」と盛り上がっているだけのつもりであったが、不思議と多くの方々に良くしていただいた。本当にありがたいことである。今回のこともその一つで、忘れられない思い出になった。

 そして私は、良くしていただいた方々にうまく御礼ができず、気づいたらまたお世話になっての繰り返しで、いつももどかしい思いをしている。だから私は、対局、将棋中継、観戦記、イベント、できるだけ全力で楽しむようにしている。それがせめてもの恩返しになればと思う。また、多くの藤井ファンの方々にも、今後も機会があればサイト上でプレゼント企画を行うなどして、幸せのお裾分けをしていきたい(※注7)

 みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



(注1)この藤井ファンはよく吹っ飛んでいる
(注2)愚痴の中にも私を持ち上げてくださる、やはり仏のような方
(注3)本当は察しが悪いし空気も読めない
(注4)2016年で一番笑った日
(注5)四間飛車党が☗6八飛と指すレベル
(注6)写真慣れしていなくてピースがうまく作れない
(注7)今回の藤井銀河Tシャツは家宝なので済みません

コメント